中古住宅の売却で注意したいこと

私は以前、転居の際に保有していた集合住宅の一部屋を売却するという経験をしました。新しい住居を購入するに当たって資金の一部に充てたいということもあり売却を急いでいたのですが、その際にちょっと失敗をしたかなと言う経験があります。

最近ではリサイクルショップなどを利用して所有物を売るという経験が少なくありませんでしたので中古住宅を売却する際もそれらとあまり変わらないイメージを持っていました。自家用車を売却する際も特に問題が無かったので同じように考えていたのです。

しかしながら住宅、不動産の場合には相手がいて初めて取引が成立するものであるということが良く分かりました。地元の不動産業者に仲介してもらったのですが、その場所ごとに相場と言うものがありますのでなかなか思い通りにならないのです。私は売りたい金額と時期だけを伝えれば良いと考えていたのですが、その様な簡単なものではありませんでした。

買い手の事情を考えて価格設定をしなければいけないため、時期と価格のどちらが重要であるかを予め考えておかなければいけませんでした。一方的に希望を伝えても中々上手く行かなかったのです。中古住宅の売却の場合は不動産業者の担当者とじっくり相談をしたうえで計画を立てるものだとその時に初めて知りました。

マンション査定の口コミ

家を売却する際の注意点

10年前に私は家を売却しましたが、その時に思ったことを書きます。まず、売る際には必ず不動産会社を仲介して売り主に売るということです。一見仲介手数料が別に発生するので、介さずに売り主と売買した方がよさそうですが、何かトラブルがあった時に対応することが非常に難しいです。

私は不動産の知識をあらかじめ備えていたので、登記や契約のトラブルをよく知っていたため、不動産会社に依頼して、司法書士や不動産鑑定士にお願いすることができました。不動産会社はあらゆる方面のプロとつながっているので、信頼することができたのも今思えば良かったと思っています。

これが、一人でやろうとすると司法書士や不動産鑑定士と知り合うところから始めなければなりません。もちろん一人でもできますが、あらゆる事態に対応できる登記及び契約でなければならず、資格を持っていない素人がやろうとするとまず失敗してしまいます。

不動産会社からいくつもの他人の失敗談を聞いて、自分も危うくそうなるところだったと青ざめるほどでした。私の場合、契約から登記まで1年と非常に短い時間で済ますことができたので、次の新居を立てる準備もしやすかったです。本当に不動産会社に仲介を頼んでよかったです。

家の売却に成功しました

かなり時間はかかりましたが、少し前にようやく家の売却が出来ました。家を売りに出してから、およそ3年ぐらいが経ったのですが、ようやくといった感じです。

売却額は一応納得できるところで売ることが出来ました。これも景気が良くなってきている証拠なのかもしれません。安い値段だとこれまで何回か打診は不動産会社からあったのですが、最終的には値段のところで折り合いが付かないで、まとまることはなかったのです。

今回は過去の経験も踏まえて少しですが値段的に妥協したということがあったので、まとまったのかもしれません。もう少しまではさらに景気が良くなるような気がしますが、先のことはどうなるのかは分からないので、買いたいという人が出てきて、それなりのがくになっていたので、なんとか妥協したという感じです。

やはり家を売るというのは大変だなということを感じました。自分は別のマンションに住んでいるので、出来るだけ早くこの使わない家は売ってしまいたいと考えていたので、なんとか売れて良かったです。今のマンションでおそらくはずっと住み続けることになるという感じなので、使わない家をいつまでも持っていると、税金もかかってとても負担になっていたので売れて良かったです。