MENU

住宅を査定してもらった体験

住宅ローンを返済中の住宅を査定してもらった体験談を書きます。家族が増えたのでもっと広い一軒家に引越しをしようと、査定をしてもらいました。頭金を2割入れていたのでオーバーローンにはなっていないと思っていましたが、少し不安もありました。査定をしてもらった結果、ローンを返済した後も手元に400万円くらい残るということがわかったことがよかったです。

 

急いで引越しをする必要はなかったので、じっくりと時間をかけてでも高く買ってくれる買主を探してくださいと言いました。不動産会社は要望にこたえてくれて、希望の条件で購入をしてくれる買主を探してくれたそうです。しかし、2ヵ月後には買主が見つかり、スピードも速いと思いました。「この不動産会社に依頼をしてよかった」と思ったものです。

 

実は、他にも2社に査定をしてもらっており、「もしも3ヶ月待っても買主が見つからなかったら変更も検討しよう」と考えていました。不動産会社との契約は3ヶ月ごとなので、働きぶりをチェックすることも重要です。しっかりと販売のための活動をしてくれていなかったら変更を検討するべきでしょう。私の場合は1つ目の会社があたりでしたので、その必要はなかったです。

2回の住宅査定の違い

私は、環状2号線の建設に伴う退去時と今の家を購入する際に住宅の査定を受けた事があります。環状環状2号線の建設に伴う退去時には、延べ床面積と敷地面積を実勢価格に照らし合わせた土地建物の金額に加え、庭に植えられている木の価格や外構などの費用も支給されましたが、敷地に対しては環状2号線に必要な部分の買い取りなので現在も中途半端な坪数を保有しています。

 

本来は、中途半端な坪数の土地も買い取って貰える約束でしたが、名古屋市に騙されて現在に至っています。2回目は、子世帯との同居の為に子世帯の望む地域に土地を購入する目的で住宅の査定を受けた事があります。最初の業者は、建売も取り扱っている地元でも比較的大きな不動産業者に依頼しましたが、自分が想定していた価格と数百万円差があった事と売却までに時間がかかる様な事を言ったので断ると共に子世帯がインターネットの一括査定に申し込んでしまい結局大手で売却しました。

 

一括査定は、多くの不動産業者の提示額を見比べることが出来ますが、一番高額な不動産業者を選んでも実際の提示額が異なる事があり、2番目の業者にも交渉を依頼すると2社の間で競争が始まり電話連絡などで精神的に疲れた事があります。結局、大手に依頼した事もあり本当に買い手が見つかったのか疑問に思う位短期で譲渡契約を結び、その業者から現在の住まいの土地を購入し現在に至っています。